サカイ、アート、ハート、引越し業者ってどこがオススメなの?

アルバイトは使っていない業者がいい?

引越しでの失敗例としては、引越し作業で荷物や建物が破損してしまうケースがあります。

 

自分だけ、もしくは知人や友人に手伝ってもらえば、そういったリスクは高くなりますが、実は引越し業者に依頼しても起こりうる事なのです。

 

場合によっては、荷物や建物を破損させた事を伝えずに知らないふりをする業者もあります。

 

引越し業者選びで失敗しないコツとしては、アルバイトを使っていない業者を選ぶというのも大切なポイントです。

 

「アルバイトなんか使わないだろう」と思いがちですが、実は意外とその時だけアルバイトを使う業者は少なくありません。

 

それもそのはず、引越しは繁忙期とそうでない時期の差が激しく、経営者側からすると繁忙期に対応できるだけの正社員を雇えば、忙しくない時期の人件費がかなりの負担になります。

 

そのため、普段は必要最小限の正社員だけ雇い、繁忙期にアルバイトを雇って仕事をするというところが多いのです。アルバイトが作業すれば、引越し作業に慣れていませんから、荷物や建物を傷つけてしまうリスクが高くなるのです。

 

アルバイトを使っているのか、そうでないのかは見た目で判断する事は出来ません。ですが、アルバイトを雇っていないところは、ホームページなどで明確に謳っています。

 

もちろんホームページで記載していなくてもアルバイトを雇っていないところはあります。ですが、その判断は難しいですので、明確に記載しているところなら間違いないでしょう。もしくは、直接聞いてみるものいいでしょう。